お探しの方必見!ウィッグ厳選6サイト

トップ > ウィッグの情報 > ウィッグの耐久年数及び手入れのポイント

ウィッグの耐久年数及び手入れのポイント

 ウィッグを購入する時に、ウィッグの耐久年数については、どの程度なのか気にかかった人は多いと考えられます。
しかしながら、こちらの疑問点の回答に関しましては明確にすることは非常に難しく、製造メーカーや販売店に対して問い合わせてもはっきりとした回答を出してもらえないこともあり得ます。
このことにはウィッグを利用する頻度並びに使用の仕方によっても耐久年数が変わってくることから、単純には言えないという理由があります。
それに加えて、どういった状態をウィッグの耐久年数ととらえるかも各個人で差があるという所もあります。
各個人で差はあれど、どういった状態をウィッグの耐久年数ととらえればいいのか、それから、アバウトなウィッグの耐用年数の目安などを理解することが重要になります。

 ウィッグを利用し続けていると、毛が傷みます。
メインテナンスによってもいくらかは戻りますが、そうは言っても傷みが酷い時には寿命ととらえた方が良いでしょう。
加えて、傷みが劣化すると脱毛も酷くなります。
ウィッグに関しては多少脱毛はもたらされるものですが、過度に抜けててはウィッグの意味を持ちません。
脱毛に関しては人工スキンのつむじに於いてとりわけ生じやすく、脱毛すると目立ちます。
さらに、人工毛のウィッグに関しては毛先そのものがチリチリに転じて使い物にならなくなる可能性もあります。
さらに、人毛にとりわけ多い変色など、ケアしても仕方がないような状況も寿命と言えます。
毛髪部位はもとより、ネットの部位が痩せたり、部品が壊れることもあります。
耐久年数を延ばすため処置しても、ウィッグの使用感が悪いなら、買い換えた方がいいでしょう。

 自毛に関しても同じですが、髪がからまると強引にブラッシングして髪を傷付けたり、脱毛しますので注意を要します。
ウィッグに関しても絡まったら、微に入り細に入りほぐして、それから絡まらないように手入れすることが必要不可欠になります。
まず第一に、ウィッグそのものが絡まったケースでは、その度ごとにほぐして、日々のブラッシングについても欠かさないことが重要になります。
人工毛のケースでは、静電気が生じやすいため、静電気防止に適したケア用品を活用すると良いでしょう。
さらに、ワックス並びにスプレーをかけたり、熱に当てすぎ等はウィッグの傷みのきっかけとなります。
ウィッグのセッティングも楽しみですが、何度も行わずワックスをつけたのちはきちんと洗浄しておくことが大切です。

次の記事へ