お探しの方必見!ウィッグ厳選6サイト

トップ > ウィッグの情報 > ウィッグの主な特徴と選ぶ時のポイント

ウィッグの主な特徴と選ぶ時のポイント

 健康面でのトラブルやファッションなどウィッグを活用する背景にあるのはいろいろあるのですが、ナイロンを利用することによって出来た従来の探偵が被るようなカツラでなくて、ナチュラルでばれにくいウィッグをセレクトしたいものです。
ナチュラルなウィッグを選択する上で念頭に置くべきポイントがあります。
まず第一に毛質ですが、人工毛それから、人工毛及び人毛のミックス、100%人毛に区分けされ、触れた感覚につきましては人工毛が最もサラサラとしていますが、人工的に光ったりしてしまうケースがあります。
人毛に関してはナチュラルに見えますし、カラーリングを行なうことも可能ですが多少価格が上がるようです。
人毛は言うまでもなく、人工毛であっても耐熱性のある物ならコテやアイロンを活用することができます。

 次に髪色に関してですが、人工毛のケースではいかなる色でも色落ちするようなことがないので同一のカラーが継続的に楽しめますが、とりわけ明るい色だと不自然に光るのが課題です。
人毛につきましては希望しているカラーに染める事も出来て外見上もナチュラルですが、お望みの色にならなかったり色落ちする、髪質が酷い状態になってくるというウィークポイントもあります。
また、ウィッグの重要な部分とも言えるつむじですが、つむじの形並びに毛の植え方で外部に知られるか勘付かれないかが影響を受けるほどです。
形は大まかに分けると、直線状に生え育っている型と称されるものと、放射状に伸びている型の種類があります。
そのままの状態で活用するには前者がナチュラルに見えますが、分け目を作る形となるのでヘアアレンジをするケースでは合っていません。
後者はヘアアレンジをしたい人に奨励できます。

 ウィッグを着用する時は、他の人から判断しても不自然になっていることがないか意識しなくてはいけません。
そのままの状態で着ると、幾分変になってしまうケースがあるので、効果的にカットする事で、自分自身にフィットした髪の分量にすることが出来ます。
多くなく、少なくないぐらいになる様に留意が必要になります。
作業そのものは、単純そうに考えられることが多いですが、経験の浅い人には難しいことから、始めのうちは段階的に仕上げるように気を付けましょう。
また、毛質にも気をつける必要があります。
自分自身の髪に触れてみて、硬いかソフトかを熟考して、地毛に非常に近いウィッグを選ぶと良いでしょう。
以上のように地毛にとても近いウィッグを選ぶ重要なポイントを踏まえて自身に合う商品を選びましょう。

次の記事へ